FC2ブログ

競馬とか・・・

ARTICLE PAGE

皐月賞2017

桜花賞はライジングリーズンの単複買ってラジオ聞いていました。後方から内ついて見せ場なく8着に敗れましたが、この馬なりに伸びていたように、機会があればまた狙ってみたい1頭ではあります。 

さて皐月賞、速い(仕上がりの早い)馬が勝つと言われている皐月賞、今年は牡馬のトライアルや臨戦過程が取り沙汰されていますが、その中でもひと際注目を浴びている馬が参戦してきました。

 69年ぶりに牝馬の戴冠を狙うファンディーナ、その父ディープインパクト、兄弟にはナムラシングンがおり、ここまでの3戦は圧巻のひと言、崩れるとすれば、この皐月賞は例年ハイペースになりやすく消耗戦になりやすい事、年明けに3戦使っておりおつりが残ってない事、3戦ともにメンバーレベルが低かった事、後は個人的に晩生なのではと思っております。

 皐月賞は菊花賞とリンクしている事が多く、速い馬(仕上がりが早くてスピードの持続力が突出している)が勝つ皐月賞とはいえ、菊花賞まで制してしまうのは速い=強い(菊花賞は強い馬が勝つと言われています)という事なのでしょう。過去30年の皐月賞馬が菊花賞に参戦した場合の成績は7-2-1-7と連対率は5割以上をマークしています。  

後は人気薄の逃げ、先行馬が穴をあけており近年ではキャプテントゥーレやヴィクトリー、遡るとサニーブライアン等が逃げて皐月賞を制しています。

 オルフェーヴルやゴールドシップですら皐月賞当日は4番人気の戴冠であり、今後の活躍を占う意味での皐月賞は注目の1戦である事は間違いないレースとして着目しています。
開催 優勝馬 菊花賞成績
2016 中山 ディーマジェスティ 4着
2015 中山 ドゥラメンテ 不出走
2014 中山 イスラボニータ 不出走
2013 中山 ロゴタイプ 不出走
2012 中山 ゴールドシップ 1着
2011 東京 オルフェーヴル 1着
2010 中山 ヴィクトワールピサ 不出走
2009 中山 アンライバルド 15着
2008 中山 キャプテントゥーレ 不出走
2007 中山 ヴィクトリー 16着
2006 中山 メイショウサムソン 4着
2005 中山 ディープインパクト 1着
2004 中山 ダイワメジャー 不出走
2003 中山 ネオユニヴァース 3着
2002 中山 ノーリーズン 競争中止
2001 中山 アグネスタキオン 不出走
2000 中山 エアシャカール 1着
1999 中山 テイエムオペラオー 2着
1998 中山 セイウンスカイ 1着
1997 中山 サニーブライアン 不出走
1996 中山 イシノサンデー 不出走
1995 中山 ジェニュイン 不出走
1994 中山 ナリタブライアン 1着
1993 中山 ナリタタイシン 17着
1992 中山 ミホノブルボン 2着
1991 中山 トウカイテイオー 不出走
1990 中山 ハクタイセイ 不出走
1989 中山 ドクタースパート 不出走
1988 東京 ヤエノムテキ 10着
1987 中山 サクラスターオー 1着
では本命は?と聞かれますと当初はレイデオロしかいないと思いましたが、年明けにトライアルが使えなく、ぶっつけ本番になった事により、再度組み立てなおし、4勝を挙げているアダムバローズに本命を打つ事にしました。 

重賞でのアダムバローズは結果を残せていませんが、当日の人気は6番人気~10番人気と推測、穴をあける可能性のある脚質(逃げもしくは先行)父ハーツクライの成長力と母の父アンブライドルズソングは晩年の最高傑作と言われるドバイワールドカップを捲り一撃で制した最強馬アロゲートを排出、血の勢いも見逃せませんね、鞍上も桜花賞を制しノリにのっている大レースには滅法強い池添ジョッキーならスタートの心配もあまりないでしょう。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。