FC2ブログ

ラジオNIKKEI賞回顧

  • 2011/07/05(火) 01:10:09

ムーンリットレイク、ペルレンケッテ、ハーキュリーズ、そしてラジオNIKKEI賞の勝ち馬フレールジャックと毎週勝ち馬を量産するディープインパクトはとんでもない種牡馬ですね、すでに父サンデーサイレンスを超えた感があります。

2年目の産駒はもっと凄いらしいので今年はどうなる事やら・・・

産駒のG1実績は父ディープインパクトが活躍した距離とは裏腹に、マイルの桜花賞(マルセリーナ)と安田記念(リアルインパクト)ですが、今後は距離を伸ばして活躍してきそうな馬が増えてくるでしょう。

ディープ産駒で一番強い馬はと聞かれますと悩みますが、実績を重視すればリアルインパクトかなと思います。ムーンリットレイクにはとても期待していますが(笑)

さてラジオNIKKEI賞、本命に推していた馬はこれもディープ産駒のプランスデトワールでした(汗)前走のパフォーマンスならと単複勝負・・・

結果は2コーナー寸前で逸走、外にいたディアフォルティスを外ラチ沿いまで巻き込んで競争中止、横山典騎手は1日の騎乗停止とプランスデトワールには平地調教再審査が課せられたそうです。

レースは勝ちパターンに持ち込んだマイネルラクリマを外から捻じ伏せたフレールジャックが無敗の3連勝でラジオNIKKEI賞を制した。

今週は中山で七夕賞が開催されますが、出てくれば本命は58.5kでもキャプテントゥーレでいいと思いますが、面白い馬が一頭、ほぼ完全復調になりそうなオペラブラーボに期待しています。


にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する