FC2ブログ

競馬とか・・・

ARTICLE PAGE

菊花賞展望

今週はいよいよクラシック最後の関門、菊花賞ですね。

本当に強い馬が勝つと言われている菊花賞、過去の勝ち馬を見れば名馬がずらりと揃います。

ダービー2着馬が勝ち馬になるケースが多いのも菊花賞の特徴でしょうか?エアダブリン、ライスシャワー、ビワハヤヒデ、エアシャカール、ダンスインザダーク、ナリタトップロード等々(順不同)思い当たるだけ書いてみました(笑)

今年のダービー2着馬ローズキングダムには心強い材料ですね、薔薇一族悲願のクラシック制覇をこの菊花賞で決める事が出来るのか注目の一戦です。

逆に菊花賞での日本ダービー馬は3冠馬以外は不振でダービー馬エイシンフラッシュにはちょっぴり不安な材料かも知れません。

菊花賞の勝ち馬を早速検索
しかしエイシンフラッシュは新馬戦から一貫して中距離を使ってきているように適正はやはり中長距離に見合った馬体をしているように思う。

そう、その血の勢いも見逃せない。

今年の凱旋門賞馬Workforceの父もエイシンフラッシュの父と同じKing's Bestでナカヤマフェスタと蛯名Jの夢を粉砕したのは記憶に新しい、Workforceはエプソムダービーで神の馬ラムタラのレコードを塗り替える7馬身差の圧勝劇を演じてみせた。

近年、この菊花賞は得てしてスローの瞬発力勝負になりやすく、今年のクラシック競争は総じてスローにレースが流れている。

今年の特徴と血の勢いを重視、そして鞍上は内田J、菊花賞の本命は現在のところエイシンフラッシュに打ちたいと思う。

◎エイシンフラッシュ

モチベーションアップの為一票お願いします!
競馬ブログランキング

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。