FC2ブログ

Home > レース回顧 Archive

レース回顧 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

キーンランドC回顧

結局夏競馬にはあまり参加出来なかったが、総評してみれば、夏は牝馬が強いって事なんですね。
今年も例のごとく牡馬相手にカレンチャンやイタリアンレッドが活躍しました。

中でもカレンチャンはG1まで狙えそうな器ですね、クロフネ産駒であっという間に頂点を極めたスリープレスナイトを彷彿させます。

昨日は調教動いたビービーガルダンが実績馬らしい流石の二着、調教と実践が連動するタイプらしく、この馬も悲願のG1制覇に向けて視界良好ですね

えぇーとですね、ブログは書いてませんでしたけど、馬券はちまちま買ってましたよ、このレースもカレンチャンが固そうだったのでワイド馬券でトウショウとパドトロワへ・・・

取るには取ったがビービーガルダンとのワイドの方が配当が付くとは(汗)
他のレースでは新潟10レースのラインジェシカの単一点と新潟記念セイクリッドバレーの単一点を購入で収支はマイナス(笑)

新潟は差し馬場で予想してて、今日こそはのセイクリッドバレー、オペラブラーボと最後まで悩みましたが、悩む事もなかったです。

携帯なので何書いてるのか分からなくなってきたのでまとめますと・・・
カレンチャンは秋のスプリント会の主役でしょう。ビービーガルダンも復活の兆しを見せており逆転までは十分に考えられます。

来週は二歳戦の重賞ばかりとなりますが、出走してくれば、潜在能力高そうなエピセアロームに期待しています。

安田記念 回顧

最初に拍手を頂いてありがとうございました。まあ馬券は全くかすりもしませんでしたが観点はズレてはなかったと思います。

昇竜の勢いとは今日の勝ち馬の事を言うのだろう・・・

ダービーでよもやのスロー決着で今週も懸念していたが、昨日の準オープンを見て心を決め、差し決着になるだろうと予想し直前のパドックまで待ち最終決断した結果、スマイルジャックとスーパーホーネットに決めた。

最後の直線、内と外から追い込んで来る2頭を見て「やった」と思ったがど真ん中から突き抜けてきたショウワモダンにしてやられた。ショウワモダンには何度もお世話になっているが、流石に時計勝負になると出番はないかと早々に切ってしまい反省。

Continue reading

スプリンターズS、シリウスS回顧

シリウスSのトシナギサはやはり距離に壁があるのだろうか?力不足といったらそれまでだが、1700mのダートもしくは小回りコースの方が合っているのかも知れない、見せ場すらなく散ってしまった。

勝ったのは人気馬の弟ワンダーアキュートの方で、全走圧勝で今回格上げ戦であり、相手関係からもフレッシュな状態で臨めたはずだ。今年のJDD出走組はレベルが高いのか、3着になったゴールデンチケットもしかり・・・

ワンダースピードは斤量もあったが、最大の目標はジャパンカップダートであり、昨年から阪神で開催される事になったこのレースはこの馬にとって最初で最後の大チャンスになるかも知れない、昨年は阪神1800D鬼門の最内枠に入ってしまったこともあり、涙を呑んだが、このまま順調に行けば、テスタマッタ次第だがワンダースピードが本命予定だ。

Continue reading

神戸新聞杯回顧

土曜日の阪神メイン、セレスハントは藤岡J騎乗でしたね、ごめんなさい(汗)、携帯で実況板見ていたんですが、小牧っー何やってんだーみたいな感じで諦めていましたよ・・・
残高照会したら増えていたので、そこで初めて気付きました(笑)。間違って馬券買っていた気分です。

さて、神戸新聞杯、見た目スローに感じたのだが、ラップを見てみると平均遅めくらいですかね、それでレコードなんですから、上がり勝負だったのだと思います。

馬体重の増減が結構激しかったので、本調子でない馬も結構いたのでは?推奨したトライアンフマーチも-12k、調整失敗かと思いましたが、ここは究極の仕上げと信じて勝負にふみ切りました!トライアンフマーチもそれなりには上がってきてはいるのですが、前々での決着でしたので、勝ったイコピコは展開がよほど向いたのではないでしょうか?父マンハッタンカフェなら菊花賞でも面白い存在になりそうですね。

Continue reading

エルムS、エニフSの回顧

エルムSのトランセンド、新潟1800Dの14,15番ゲートは不利というジンクス?通り最後失速してしまった。スタート後にさっと前につけるあたりは今日も楽勝かと思いましたが、予想以上に相手が強かったのでしょう、勝ち馬のマチカネニホンバレは前走の鬱憤を晴らすような見事な先行押し切りでした。

Continue reading

セントライト記念、ローズS回顧

セントライト記念はあまり菊花賞に結びつくレースとは言い難いが、今年の勝ち馬ナカヤマフェスタは面白い存在になりそうですね!

本命に推したゴールデンチケットですが、どうも脚の運びがバラバラだったように見えました。現状ではダートの方が向いているのでしょうか?さほど速いペースでなかったように思いませんでしたが、追い出してからは全く伸びませんでした。

Continue reading

朝日CC、セントウルS、京成杯AHの回顧

土曜日の朝日CC、皐月賞馬の底力をまざまざと見せ付けられました。翌日にアルティマトゥーレが勝って姉弟制覇になろうとは思いもしませんでしたが・・・

一方、兄妹でも明暗を分けたのがマルカシェンクとザレマで、馬券対象にしていたのはマルカシェンクでした。外を回して伸びるのかと思いきや、逆にずるずると後退、馬場の影響ですかね?

この後、キャプテントゥーレは天皇賞秋へ向かうそうで、楽しみですね、賞金ボーダーが非常に高いと言う事なので出走出来るかどうかは何とも言えませんね、敗れはしたがサンライズベガも勝ち馬と同じ位置取りで0秒4差の5着なら、そのうち重賞の一つくらいは取れるんじゃないでしょうか、ブレイクランアウトはいまいち信用しきれませんが能力はありますね、53kだったというのもありそうですが、3歳限定なら面白そうですね、どこに向かうのかは分かりませんが?

Continue reading

札幌記念とレパードS回顧

まだまだ華奢な感じのする馬体のブエナビスタですが、バネは相当なものを持っているような走りでしたね、何となくトウカイテイオーが3歳だった頃を思い出しました。

負けはしましたが、あの展開で外を回して首差なら強い競馬だったと言っても問題はないでしょう。凱旋門賞のプランは白紙に戻りましたが、国内での活躍を期待しましょう。

ダイワスカーレットやウォッカと比べても全くタイプの違うブエナビスタですが距離の融通はこちらの方が利きそうな感じがします。有馬記念の頃にはどうなっているのか?更に成長したブエナビスタを見てみたいものです。

Continue reading

北九州記念とクイーンS回顧

なにやら土曜日のレースで外を回す騎乗で、このレースの予行演習?を繰り返してきたサンダルフォンの酒井J、見事な外差しに拘った執念の初重賞制覇おめでとう!

と書いてはみたものの、肝心のシャウトラインは直線でコウエイハートとゼットカークの追撃を振り切った時にはすでに、いっぱいいっぱいになってた様に見えた。

馬券圏内には中団より前にいた馬の独占となり、勝ったサンダルフォンはいつもよりも位置取りが前であったのも騎手の好判断であり勝因であろう。二着には人気であったが、軽量のレディルージュ、三着には一番人気のカノヤザクラが入線、少なからずとも56kが響いた結果なのではと思う。

メリッサは位置取りが後ろ過ぎたか?展開を考えればよく走ってはいるが、名手武や小牧よりも酒井の執念の方が上回った感じか、29歳遅咲きと言えば遅咲きだが、乗鞍も少ない中では芝での勝率8%台と結果は残している渋めのジョッキーですね!

Continue reading

ブリーダーズゴールドC回顧

安くても単を買わなければいけないですね(笑)・・・

フリオーソは終始スマートファルコンにピタリと追走され早めに並びかけられ苦しい展開になってしまった58kも少なからず響いたであろう。

アドマイヤスバルは状態の良さを活かして距離克服?あっさり切ってしまった事を反省、アロンダイトは復調してきましたねぇ、G1ホースなのでこれくらいは当たり前か?。

これで秋が楽しみになったスマートファルコンですが、いつまで裏街道を進むのでしょうか、秋のローテーションはJBCクラシック→JCD→東京大賞典?ですかね。

函館2歳Sと関谷記念回顧

函館2歳Sは結局人気2頭の決着となった。

印を付けた馬が3頭とも惨敗すると、さすがに凹みますね・・・

現時点での完成度ではステラリードが上回っていたようですが、内外の差を考えるとキョウエイアシュラの方が強い競馬だったのでしょうか、父スゥエプトオーヴァーボードから距離伸びて?な部分もありそうですが、どうなんでしょうか。

本命に推したクロワラモーですがレース間隔が短く、テンションが高かったそうです。次走オープン戦くらいなら再度狙ってみたいですね。

ドナルドバローズは現状ではダート向きか?バトルレッドも殿負けではコメントのしようがありません(笑)

Continue reading

小倉記念とUHB杯回顧

小倉記念はちょっと無謀な予想だったか・・・これといった馬も見当たらずオッズに目が眩みチョウサンデイを本命にしてしまった。ただ絞れて内枠、赤木Jの好スタートでしめたと思ったのだが、前に行った馬にとっては息の入らない流れになってしまったのが敗因の一つであろう。

Continue reading

土日競馬とマーキュリーカップ回顧

前日の閃光特別でも、この条件得意なコスモイライザが勝ち、やはりこの条件合うカノヤザクラもここを勝ち切ってしまった。

以下、水上学氏の血統トレジャーハンティングより抜粋
「直線競馬とは不思議なレースだ。とにかく外枠が圧倒的に有利で、しかも究極のスピードを争うレースながら、ダート血統や馬力血統の要素がないと勝ち負けできない。今回、その両方の要素を兼備したのが、昨年の勝ち馬⑰カノヤザクラだ。父は、直線競馬の通算最多勝種牡馬であるサクラバクシンオー。そして注目は母方だ。母の父ウッドマンはダート短距離血統、そして母の母は欧州の超ステイヤー血統。この母方が、ただの「一本調子」で済まない粘りと、爆発的な瞬発力を生む原因である。また雨がかなり降っても、サクラバクシンオー産駒は意外と巧いし、この母の母方の血が、‘道悪の鬼’の血筋なのだ。」

ふ~んそうなんですか?ふ~んてな感じで流し読みしてしまったのですが、毎週競馬のある前日にはブログ村の競馬予想や無料予想を読み漁っており、この競馬ラボは結構お勧めです(笑)。
その中でも馬券戦略研究室の○○の直言と土/日の特選坂路王が一番好きなコンテンツですね!

で、本命にしたウエスタンビーナスですが、何となく行きっぷりが悪かったような?もしくは1000mでは本来のスピードを発揮出来ないのでしょうか?よく分かりません。追い上げては来ているのですが、後一歩及びませんでした。サマースプリントシリーズに出走してくるのであれば、札幌のキーンランドCを希望する、内よりの枠に入り、延長で今度こそ逃げを決めればそこそこの競馬が出来るのではないでしょうか?

Continue reading

スパーキングレディCとオッズパークグランプリ2009の回顧

まずは前日行われたスパーキングレディCでしたが、クィーンオブキネマが逃げるところまでは何とか予想出来たが、いかにも相手が強かった。結局オッズ(欲)に負けて単勝一点買いで馬券は紙屑に・・・

内田Jは巧く乗ってくれたが、内から差してきたラヴェリータにあっさりとかわされてしまった。古馬相手にこのパフォーマンス、先々が楽しみではある。岩田Jはジャパンダートダービーに続いての重賞勝利となりました。

メイショウバトラーは往年の勢いなく3着に敗れてしまったが、9歳馬ながら馬券圏内を賑せる馬はそうそういないですよね、ヤマトマリオンは少々忙しかったか精彩なく掲示板にも載る事は出来なかった。

Continue reading

プロキオンS回顧

土日共に忙しく、馬券購入は携帯から参戦し職場のテレビで観戦するという有様、ゆっくり予想や観戦出来ないのは辛いものですね・・・

さて土曜日のタマモナイスプレイ、絶好調の熊沢Jが見事期待に応えて勝負レースの利益を確定してくれました。1000m通過が57秒4のハイペースを3番手追走で前を捉え、時計もレコードにコンマ4秒差なら優秀なタイムですね!
日曜阪神の最終レースも熊沢J騎乗のスズカルビーで取らせて頂き、感謝感謝!

Continue reading

JDD回顧

JRA勢の中では最後方を追走していたテスタマッタ、インのポケットに入り虎視眈々と岩田Jが折り合いを付けて騎乗していた。直線に向くとあっというまに抜け出して2馬身差の完勝、深い砂を懸念して馬券対象にしなかったシルクメビウスが上がり馬らしく積極的なレース運びで2着、逃げたゴールデンチケットが追ってきたグロリアスノアを押さえ込んでの3着に、一番人気に支持されたスーニはやはり距離が長かったのでしょうか?JRA勢の中では殿負けとなりました。

大幅距離延長を鮮やかに制したテスタマッタ、このレースでも他馬とは次元の違う末脚を見せてくれた。古馬混合の1000万下で勝利した実力をいかんなく発揮し3連勝で一気にG1ホースに・・・

テスタマッタの前走は1000万下とはいえメンバーは結構揃っていたレースで、距離こそ違えど2戦続けて34秒台で上がってくる脚には驚いたものです。芝のレースで一度馬券を買った事のある馬ですが(阪神だったと思います)2走前のダート戦で勝った時には勝つとは思えずに馬券を買わず、前走はオッズの妙味がなくなり購入を控えた経緯があり、ワンダーアキュートと最後の2分前くらいまで悩みましたが、久しぶりに10倍台の馬券を取れたような気がします(笑)

ラジオNIKKEI賞&函館SS回顧

遅くなってしまったが土日競馬の回顧を・・・
まずは土曜、灘ステークスのカネトシコウショウ、追走に脚を結構使ってしまったみたいでしたが、それにしてもあそこまで沈んでしまうとは思いませんでした。良馬場のペースにしては平均以上の速い流れだったみたいで古馬相手にはまだ力不足でしたね、2,3着馬が後方待機組だったのに対して好位で競馬し後ろから追い込んだ馬と同じような脚で上がってきたナムラハンターは強かったですね!

Continue reading

宝塚記念回顧

ドリームジャーニーの切れ味は一流馬の走りそのものでした。一番人気のディープスカイをマークし横綱相撲で捻じ伏せたパフォーマンスは、あの小柄な馬体からは想像出来ない程の迫力あるものでした。父ステイゴールドから譲り受けた類まれなる勝負根性(ダビスタ風)は秋へ向けての大きな一勝となったのではないでしょうか?

2200mでは良績がないと思いデータも見ず切ってしまったが、実は中山で1走しかしていなかった事を見逃していました。小回り適正はかなり高く、阪神の外回り2000mで2勝している実績は、この馬が自分から動けるようになった証明でもあり、父に似て息の長い活躍が今後も見込まれそうですね!
池添Jとは相性も良さそうだし、池添Jがスイープトウショウで宝塚記念を制したのは記憶に新しいかと存じます。馬券は完敗でしたが、いいレースを見せてもらいました。

Continue reading

帝王賞回顧

速攻回顧です(笑)&(涙)、まだ強かったですねヴァーミリアン、徹底マークされたフリオーソもよく頑張りましたがあの展開では苦しいですね・・・力の差といえばそれまでですが、ヴァーミリアンにあそこまで先行されてしまうと辛いですね、これでG17勝でヴァーミリアンも新記録に王手ですね!

的場騎手が騎乗すればボンネビルレコードはほんとよく走りますね、今年は歴代の帝王賞馬が3頭も出走しており地方競馬ファンにとっては楽しめたかと思います。アロンダイドはあんがいでしたね、前走で復調の兆しは見えたと感じたのですが・・・

日曜競馬回顧

阪神、福島ともに逃げ切り決着となった両メインでしたが、どちらもスローに落としての見事な逃げ切りであった。コスモプラチナはおおよそ逃げるかと思っていたが、まさかこのメンバーで逃げ切るとは、やはり今年の和田Jは乗れている。2着に来たニシノブルームーンは上がり馬らしい競馬が出来ていたが、本当の意味での試金石は次走になるだろう。

Continue reading

Index of all entries

Home > レース回顧 Archive

PR
最新コメント
最新トラックバック
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。