FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉賞予想

遅くなってしまったが、皐月賞のアダムバローズは逃げたところまでは良かったが、4コーナーで早々に失速してしまい結果はブービー、流れが予想以上にきつかったのか、上位の馬はマイルの速い流れを経験していた2頭での決着でした。

専門家の意見ではロゴタイプが勝った時の皐月賞に似ているとの見解でしたが、そうであればダービーは皐月賞で人気を裏切った馬か別路線組からの新星に注目してみたい。

その新星となりそうなのがアドミラブル、父ディープインパクト、母系を辿ると母の母グレースアドマイヤからは皐月賞馬ヴィクトリーやリンカーン、母の母の母バレークイーンからはダービー馬フサイチコンコルドや皐月賞馬アンライバルドとクラシックの権化のような血統だ。

デビュー戦こそ喉鳴りの影響で惨敗してしまったが、手術後は未勝利戦を破格のタイムランクで制し、続く稍重のアザレア賞を先週あずさ賞を勝ったアドマイヤロブソンを一蹴し青葉賞に駒を進めてきた。

青葉賞の勝ち馬からは未だダービー馬は出ていないが、最近ではフェノーメノ、過去にはゼンノロブロイ、シンボリクリスエス等数多くの名馬が誕生している。

アドミラブルが青葉賞を勝つことが出来れば、迷いなくダービーでは本命を打つつもりだ。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

皐月賞2017 予想

おはようございます。

開催後半でいきなり高速馬場、何したんだJRA、最後の直線が追い風だったそうで、速い上りが続出した。

さて皐月賞の予想ですが、アダムバローズ予定通りの10番人気(笑)調教評価も良かったようで、枠がもうちょい内なら良かったのですが、揉まれて中団からとかになれば、まず勝ち負けにはならないと思いますので、この枠から思い切って逃げて欲しいと願います。

対抗はレイデオロ、一貫して中山2000mを使ってるように適正は高い、ぶっつけ、目標はダービー等不安材料は多いが、ここで惨敗するようならダービーを取るなんて言ってられないはずだ。

単穴にファンディーナ、この参戦にはやっぱり夢があり、勝てば次走はダービーか、負けても掲示板までならオークス参戦で頭を悩ませそう。現時点では当時のダイワスカーレットの方が完成度が高かったように思うが果たして・・・

後は四位が大外をぶん回さなっかった場合のスワーヴリチャード、スローになった場合のカデナ、名前のかっこいいアウトライアーズとペルシアンナイトに、外に回ったが内に潜り込めれば怖いステイゴールド産駒のウインブライトまで。

◎アダムバローズ
〇レイデオロ
▲ファンディーナ
△スワーヴリチャード
△カデナ
×アウトライアーズ
×ペルシアンナイト
×ウインブライト

このオッズなら馬券は◎アダムバローズの単複で観戦します!
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

マリーンカップ2017予想

ライブ中継を見ながら予想、パドックではパールコードが良く見えましたね、絞まったダートなら初ダートでも先行力が活きるのではないでしょうか。

人気馬と2、3kの斤量差があるので、これで負けるようならダートが合わなかったという事でしょう。

◎パールコード
〇ワンミリオンス
▲ホワイトフーガ
△リンダリンダ
馬券は◎の単勝と◎⇒〇▲の馬単で
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

皐月賞2017

桜花賞はライジングリーズンの単複買ってラジオ聞いていました。後方から内ついて見せ場なく8着に敗れましたが、この馬なりに伸びていたように、機会があればまた狙ってみたい1頭ではあります。 

さて皐月賞、速い(仕上がりの早い)馬が勝つと言われている皐月賞、今年は牡馬のトライアルや臨戦過程が取り沙汰されていますが、その中でもひと際注目を浴びている馬が参戦してきました。

 69年ぶりに牝馬の戴冠を狙うファンディーナ、その父ディープインパクト、兄弟にはナムラシングンがおり、ここまでの3戦は圧巻のひと言、崩れるとすれば、この皐月賞は例年ハイペースになりやすく消耗戦になりやすい事、年明けに3戦使っておりおつりが残ってない事、3戦ともにメンバーレベルが低かった事、後は個人的に晩生なのではと思っております。

 皐月賞は菊花賞とリンクしている事が多く、速い馬(仕上がりが早くてスピードの持続力が突出している)が勝つ皐月賞とはいえ、菊花賞まで制してしまうのは速い=強い(菊花賞は強い馬が勝つと言われています)という事なのでしょう。過去30年の皐月賞馬が菊花賞に参戦した場合の成績は7-2-1-7と連対率は5割以上をマークしています。  

後は人気薄の逃げ、先行馬が穴をあけており近年ではキャプテントゥーレやヴィクトリー、遡るとサニーブライアン等が逃げて皐月賞を制しています。

 オルフェーヴルやゴールドシップですら皐月賞当日は4番人気の戴冠であり、今後の活躍を占う意味での皐月賞は注目の1戦である事は間違いないレースとして着目しています。
開催 優勝馬 菊花賞成績
2016 中山 ディーマジェスティ 4着
2015 中山 ドゥラメンテ 不出走
2014 中山 イスラボニータ 不出走
2013 中山 ロゴタイプ 不出走
2012 中山 ゴールドシップ 1着
2011 東京 オルフェーヴル 1着
2010 中山 ヴィクトワールピサ 不出走
2009 中山 アンライバルド 15着
2008 中山 キャプテントゥーレ 不出走
2007 中山 ヴィクトリー 16着
2006 中山 メイショウサムソン 4着
2005 中山 ディープインパクト 1着
2004 中山 ダイワメジャー 不出走
2003 中山 ネオユニヴァース 3着
2002 中山 ノーリーズン 競争中止
2001 中山 アグネスタキオン 不出走
2000 中山 エアシャカール 1着
1999 中山 テイエムオペラオー 2着
1998 中山 セイウンスカイ 1着
1997 中山 サニーブライアン 不出走
1996 中山 イシノサンデー 不出走
1995 中山 ジェニュイン 不出走
1994 中山 ナリタブライアン 1着
1993 中山 ナリタタイシン 17着
1992 中山 ミホノブルボン 2着
1991 中山 トウカイテイオー 不出走
1990 中山 ハクタイセイ 不出走
1989 中山 ドクタースパート 不出走
1988 東京 ヤエノムテキ 10着
1987 中山 サクラスターオー 1着
では本命は?と聞かれますと当初はレイデオロしかいないと思いましたが、年明けにトライアルが使えなく、ぶっつけ本番になった事により、再度組み立てなおし、4勝を挙げているアダムバローズに本命を打つ事にしました。 

重賞でのアダムバローズは結果を残せていませんが、当日の人気は6番人気~10番人気と推測、穴をあける可能性のある脚質(逃げもしくは先行)父ハーツクライの成長力と母の父アンブライドルズソングは晩年の最高傑作と言われるドバイワールドカップを捲り一撃で制した最強馬アロゲートを排出、血の勢いも見逃せませんね、鞍上も桜花賞を制しノリにのっている大レースには滅法強い池添ジョッキーならスタートの心配もあまりないでしょう。
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村

桜花賞2017

お久しぶりです。

ファンディーナが皐月賞を選んだので、ソウルスターリングが断然の1番人気に支持されそうな桜花賞、チューリップ賞1番人気1着馬が桜花賞に出走してくれば、ほぼパーフェクトの成績も後押しするだろう。

スピードだけでなくパワーも兼ね備えていそうな馬体に史上最強馬フランケルの娘と話題にも事欠かない、本命、軸馬候補としては仕方なしかと思います。

問題は相手候補、筆頭最右翼はデムーロを鞍上に迎えて万全のアドマイヤミヤビになりそうな気配、ただデムーロは結構出遅れがありそうで(笑)本命には推し辛いか、それならチューリップ賞組の2,3着馬ミスパンテールやリスグラシューも相手候補なら遜色ない、どちらの騎手も後ろから腹を括っての戦法になりそうで・・・

穴馬には前に行けるディープインパクトの2頭カワキタエンカとサロニカに連勝中のカラクレナイとライジングリーズン、中でもライジングリーズンには期待している。

週末は雨が多いとの事で、レースの流れが消耗戦になってくれればライジングリーズンにもチャンスはありそうだ。

ただ今紹介キャンペーン中のJRA-VANですが登録すれば1000円分のクオカードが貰えます。 パソコンから入会すれば携帯サービスも無料で使えてとってもお得ですよ♪お奨めはグリーンチャンネルに入会、ネットバンク口座を作り即PATに入会、そしてJRA-VANで自宅WINSの完成ですね(笑) 
紹介コードはこちら→KD2EM62MDDDUDDD2 

新聞のいらない月額840円の馬券検討ソフトはこちら 
紹介コードは忘れずに→KD2EM62MDDDUDDD2

2012年の競馬とか・・・

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

昨年は結局、回収率は85%で2011年の競馬が終了し、馬券道場は最終の13期でなんとか4段に昇段し、賞品をゲットする事が出来ました。

単勝馬券の控除率が20%と考えますと、まあまあ合格点かなと思いますが、JRAさんには15%分の控除率を貢献してしまいました(笑)まあ15%といいましても、購入金額が大きいだけに(年間で)笑える金額ではありませんが・・・

さて今年の目標は回収率100%達成と、馬券道場で5段以上の成績を残せるよう頑張ります!

それでは今年の初予想フェアリーS

朝日杯フューチュリティS予想

結局クラシックを意識してレースを使ってきた素質馬は暮れのラジオNIKKEIにまわるとして、マイルあたりを使われてきた馬が中心となっている。

とはいっても、このレースでも距離短縮組が強く、東京スポーツ杯あたりからの臨戦が望ましい

東京スポーツ杯の勝ち馬ディープブリランテは出走してこず当レースの馬場も不良であった為、力関係が把握しづらい。

人気の中心はダイワメジャー産駒の秘蔵っ子ダローネガや前走放馬し人気を裏切ったクラレントあたりか?

ただダイワメジャー産駒は父に似て自慢のスピードに任せて先行し押しきる競馬が得意にみえるエピセアロームや昨日の全日本二歳優駿で二着したメジャーアスリートもそんな競馬をしている。

なので、人気になろうであるダローネガは差し馬の格好の目標となりそう、ただそのまま押しきる可能性は否定出来ませんが(笑)

菊花賞予想

さて史上7頭目の三冠馬誕生なるか注目の一戦となった菊花賞、二冠馬オルフェーブルに一矢報いる事が出来る馬がいるんでしょうか?

オルフェーブルは皐月賞当時の人気はそれほどでもなく、まさか三冠に王手をかけるまでの馬に成長するとは思いませんでした。
京都の適正を懸念されてるようですが、ダービーの勝ち方が圧巻であったように、世代能力は抜けている。

前哨戦となった神戸新聞杯でも超スローペースを好位追走から抜群の瞬発力であっさり抜け出した。

あの競馬が出来れば距離は問題なさそうなので、ほぼ三冠は手中に収めたといっても問題ないだろう。

ダービーを勝った時からオルフェーブルの能力はディープクラスじゃないかとまで思っていたし(笑)

単勝配当は見込めないので相手探しに徹する事にした。

スプリンターズS予想

今年は世界最強クラスのスプリンターであるロケットマンの出走により盛り上がりをみせていますね。

一番人気はそのロケットマンですが、参考レースを見る限り強いですね、頭の高い走法ですがパワーとスタミナで押し切るパフォーマンスは圧倒的で、これなら中山の急坂も問題ないでしょう。

ただ初コースとなる外国馬よりも印は日本馬から入りたいと思う。

今パドックを見ていましたが、ビービーガルダンがかなり良くなっていると思います。

サンカルロとカレンチャンもいいですね、後はフィフスペトルでしょうか?

本命はサンカルロ、差し脚質なのでハイペース希望、この馬の単複で勝負します。

◎サンカルロ

キーンランドC回顧

結局夏競馬にはあまり参加出来なかったが、総評してみれば、夏は牝馬が強いって事なんですね。
今年も例のごとく牡馬相手にカレンチャンやイタリアンレッドが活躍しました。

中でもカレンチャンはG1まで狙えそうな器ですね、クロフネ産駒であっという間に頂点を極めたスリープレスナイトを彷彿させます。

昨日は調教動いたビービーガルダンが実績馬らしい流石の二着、調教と実践が連動するタイプらしく、この馬も悲願のG1制覇に向けて視界良好ですね

えぇーとですね、ブログは書いてませんでしたけど、馬券はちまちま買ってましたよ、このレースもカレンチャンが固そうだったのでワイド馬券でトウショウとパドトロワへ・・・

取るには取ったがビービーガルダンとのワイドの方が配当が付くとは(汗)
他のレースでは新潟10レースのラインジェシカの単一点と新潟記念セイクリッドバレーの単一点を購入で収支はマイナス(笑)

新潟は差し馬場で予想してて、今日こそはのセイクリッドバレー、オペラブラーボと最後まで悩みましたが、悩む事もなかったです。

携帯なので何書いてるのか分からなくなってきたのでまとめますと・・・
カレンチャンは秋のスプリント会の主役でしょう。ビービーガルダンも復活の兆しを見せており逆転までは十分に考えられます。

来週は二歳戦の重賞ばかりとなりますが、出走してくれば、潜在能力高そうなエピセアロームに期待しています。

七夕賞予想

今年の七夕賞は中山開催ですね、という事は過去データがあまり役に立たないかも知れません。

中山実績のある馬に終点を当てて予想そるべきかな?

中山実績と言えば断然、皐月賞勝馬のキャプテントゥーレで仕方ないかなと思いますし、実際にトップハンデの58.5kでも断然の一番人気に支持されています。

何せ前走、前々走と一線級の馬達を相手に逃げて僅差の勝負を演じているのですから、この評価は仕方ありません。

負かせそうな馬を考えてみますと、いません(汗)

アニメイトバイオはG1実績もありますが、牡馬相手の55kではどうか?

シャドウゲイトもG1ホースですが年齢的にはどうでしょうか?絶好調みたいですが、同型がキャプテントゥーレと斤量58kではいかにも苦しいのでは・・・

コスモファントムも臨戦過程がダートのG1フェブラリーSからというのが気になりますね。

そこで浮上したのがオペラブラーボ中山は7戦して5回掲示板にのっており、その内勝ったのが2回と中山実績もそこそこ、6着に敗れた中山金杯でしたが、今日のメンバーでは持ちタイムが一番速く、レースに行っての器用さもあり、何より馬券的妙味も大きいのが魅力(笑)

◎オペラブラーボ⇒現在のランキング

ラジオNIKKEI賞回顧

ムーンリットレイク、ペルレンケッテ、ハーキュリーズ、そしてラジオNIKKEI賞の勝ち馬フレールジャックと毎週勝ち馬を量産するディープインパクトはとんでもない種牡馬ですね、すでに父サンデーサイレンスを超えた感があります。

2年目の産駒はもっと凄いらしいので今年はどうなる事やら・・・

産駒のG1実績は父ディープインパクトが活躍した距離とは裏腹に、マイルの桜花賞(マルセリーナ)と安田記念(リアルインパクト)ですが、今後は距離を伸ばして活躍してきそうな馬が増えてくるでしょう。

ディープ産駒で一番強い馬はと聞かれますと悩みますが、実績を重視すればリアルインパクトかなと思います。ムーンリットレイクにはとても期待していますが(笑)

さてラジオNIKKEI賞、本命に推していた馬はこれもディープ産駒のプランスデトワールでした(汗)前走のパフォーマンスならと単複勝負・・・

桜花賞予想

先週の中山牝馬Sは大荒れでしたね、本命にしたクーデグレイスは先手も取れず惨敗する結果に・・・
ペースが速いと思い控えたのか?まあ、あんな馬券はめったとお目にかかれませんけど(笑)

さて桜花賞、断然人気が予想されたレーヴディソールの戦線離脱により馬券的妙味があり今週いっぱい悩みましたが、未だ結論が出ていません(汗)。

人気は予想通りホエールキャプチャ、この馬はレーヴが出走していれば買おうと思っていました。もう一方はレーヴと同厩舎のマルセリーナ、シンザン記念を好走し評価されており、勝ち馬はあのレッドディヴィス、そして2着はオルフェーブルと相手は相当強かった。

その中で3着と好走したのだから評価されて当然なのでしょうが、どうもこの2頭を買う気にはなれずだらだらと出馬表を見ていました。

データから好走しそうな馬を探してみるとチューリップ賞組の好走率が高く、中でも最先着したライステラスが近年ならもっと人気になってもいいはずで、実際阪神芝外マイルでの最速タイムを保持しており、その時計は本日更新されるだろうが、追い切りも好調で人気程の差はないと思う。

◎ライステラス

中山牝馬S展望

ここは非常に楽しみ(自分の好きな馬)な馬が登録されており、予想しがいのあるレースですね!

キーワードは秋華賞4着馬・・・

人気はヒカルアマランサスやアプリコットフィズにブロードストリートでしょうか?

賞金面で出走は叶わないかも知れないがクーデグレイスに注目している。

ハンデも52kと恵まれた。

前々走は明らかに太めで差の無い4着、前走も絞りきれておらず2走ボケもあったのかもしれない凡走、しかしこの馬の真骨頂はローズSや秋華賞で明らかに差し有利な展開を先行して粘った脚は一流馬の証であると思う。

勝ち切れないのは度重なる乗り替わりも要因のひとつだと思います。ただ今回馬券圏内に顔を出す為には条件が二つ、まずは出走権が取れる事、もう一つは馬体重が470k台まで絞れる事が必要だ。

高松宮記念回顧

昨日は休みで久しぶりに競馬三昧でした。

高松宮記念の本命はジョーカプチーノでしたが、不利が無かったとしても苦しい結果だったのではと思います。
とはいえスピードは傑出したものがありますので今後のスプリント界を引っ張る馬には間違いないでしょう。

そして連覇達成したキンシャサノキセキは電撃引退が決まった・・・

昨日見たパドックでの馬体は惚れ惚れするもので本命を切り替えようかとも思いました(笑)馬券はジョーカプチーノの単勝では配当が望めなく馬単勝負でキンシャサノキセキとダッシャーゴーゴーでしたのでかすりもしませんでしたがキンシャサノキセキの勝利は危なげないものでしたねー

ドバイワールドカップ歴史的V

この度、東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様に対しまして、謹んでお見舞いを申し上げます。

被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

暗いニュースが続く日本ですが、吉報が飛び込んできたのは午前4時、正確にはもっと早い時間に分かっていたのだろうが、帰宅が遅くなりゴドルフィンマイルのスカイサーファーズが勝った時点で不覚にも眠ってしまった(汗)

グリーンチャンネルの中継をつけたまま眠ってしまったので、なんだか騒がしいなと気付いたのが午前4時前くらいだった。

日本馬が挙って参加するレースを全て見逃してしまいブルーだったが、ヴィクトワ-ルピサが口取り写真を撮ってる場面が映し出され日本調教馬として初のドバイワールドカップを制した事が分かり、なんと2着にトランセンドが入選し日本馬のワンツーという快挙にひたすら感動していました。

弥生賞回顧

やはり堅実な馬でしたねプレイは複勝300円ゲット出来、記事にした馬が結構馬券対象になって嬉しい限りです。

元々アドマイヤムーンの半弟という超良血のプレイですが持ち前のしぶとさを活かして2着確保で皐月賞の権利までゲットしてしまいました。

3番手からの競馬も収穫でしたが、本番ではビュンビュンとばしてハイペースを演出希望(笑)でないと差し馬の餌食になってしまいそうなので、希望通りの展開になればあるいは上位進出も可能ではないかと踏んでいます。

ハイペースで後続に脚を使わせる事と今より時計を1秒短縮する事が出来れば勝ち負けまで可能性がありそうですね、本番でも人気なさそうですし(笑)

弥生賞予想

直前になりますが弥生賞の予想です。

本命はプレイ、切れがないので坂のあるタフなコースで粘り込みを狙ってみます。

今回は枠、展開共に有利に働きそうで楽しみですね、スローに流れやすい弥生賞の特性も考えて本命です。

ペースが急転する本番ではどうか?ですがトライアルならチャンスはありそうですね、相手には切れ味では引けをとらないショウナンマイティやデボネアに人気のオールアズワンあたりでしょうか。

馬券は人気があまりありませんので◎プレイの単複で楽しみます。

共同通信杯回顧

何とか単勝だけでもゲット出来てほっとしています。

強引に逃げたディープサウンドが最後力尽きてユニバーサルバンクにかわされてしまったのが残念でしたが、ナカヤマナイトはスローで前残りの展開を強引な末脚で差し切ったのだから、かなり強い競馬だったと思います。

ダノンバラードは予想通り展開向かず、ペルシャザールもまだ信頼に足りず、何気に掲示板にのったダブルオーセブンは芝向きを証明した感じですね、それにしても今年はステイゴールド産駒が粒揃いです。

これで記事にした馬は4連勝(単勝のみ)レッドデイヴィス、アーリーロブスト、ホエールキャプチャ、ナカヤマナイトと今年は好調です。

実馬券は100%を切ってしまいましたが(相変わらず多数のレースに参加しています)、馬券道場は来週を残して2段昇進を決めました!

初日に回収0円でスタートし今開催はもう無理かと思いましたが、今日の東京後半3レースの単勝3連発(ナシュワンヒーロー、ナカヤマナイト、サザンスターディ)で一気に8000円超え、明日の代替小倉もあるので安心していましたがラッキーでした。

これはもう馬券道場でTOP100賞を狙いオリジナル手ぬぐいを狙います(笑)

単複予想ならブログ村へGO!

共同通信杯

好メンバーとなった共同通信杯ですが、人気はダノンバラード、ベルシャザール、ナカヤマナイト、サトノオーと続いており、離れて前走人気を裏切ったディープサウンドが5番人気で落ち着きそうですね。

馬場が悪いのでディープ産駒の切れが殺がれてしまう可能性があり、ここはナカヤマナイトで勝負したい、ナカヤマナイトは使われ過ぎの感があるが、レースに行くと常に堅実で物差しレースとなったホープフルSではタイム差なしの2着までベルシャザールを追い詰めた。

稍重馬場でも追い込みを決めた実績もあり、今回の馬場でも好勝負出来るとみました。

◎ナカヤマナイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。